21歳で夢の美容師に!かと思いきや、ひたすら掃除して美容師とは何か考えさせられた話。

21歳で夢の美容師に!かと思いきや、ひたすら掃除して美容師とは何か考えさせられた話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
美容師でスタイリストデビューしたて

【当時の住まい】
彼氏と賃貸アパートで同棲

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
就職活動の際、美容専門学校の先生にカリキュラムがしっかりしているサロンだからと勧められて就職しました

【環境と仕事内容】
20人ほどのスタッフがいるサロンで、スタイリストはお客様のカットやヘアカラーなどの施術をし、アシスタントはそのスタイリストのヘルプをします。
だいたい9:00?21:00まで早番と遅番に分かれて出勤します。
火曜が定休日で、平日のどこかでもう1日休みがあります。
土日は全員出勤です。
お客様の年齢層は、30?60代が多く、どちらかというと地域密着型なサロンでした。

【大変だった時期】
美容専門学校卒業後に就職して、1年目が大変でした




【大変だったこと】
掃除にとても力を入れているサロンだったので、常にサロンはピカピカ。
ですが、その掃除をする役目は1年目の仕事。
シャンプーを教わるかと思いきや、入社してすぐ、掃除を教わるとはビックリです。
掃除の時間も1時間以内と決められ、掃除が終わった思ったら、1つ上の先輩に掃除チェックをしてもらうのです。
シンデレラに出てくる性格悪いオバさんみたいに、指でスーーっとホコリをチェックするんです。
できていないと怒られ、終いには、やる気がないなら掃除チェックしないからね!!と理不尽な怒られ方をしていました。
別に掃除チェックしてほしいと思ったことは一度もありませんが(笑)サロンが忙しい時などは、広範囲の掃除場所を1人でやることもあるので、ご飯も食べずにひたすら掃除していました。
美容師とは、、、。

【大変だった期間】
1年目から2年目まで続きました。




【当時の心境】
専門学校をやっと卒業して、夢の美容師だと思っていた中、1年目は掃除をひたすらしていたので、なんで美容師になったんだろうと夢を潰されたような感覚でした。
先輩にも怒られ、毎日イライラと愚痴ばっかりしていました。

【職場が大変だった原因】
そこのサロンの伝統のせいです。
創業してから長い老舗サロンだったので、昔ながらの伝統が今もずっと続いているので、時代とのギャップについていけないんだと思います。




【仕事で良かったこと】
社内コンテストが毎年あったのですが、1つの技術に対して3ヶ月ほど朝晩の練習を重ねます。
コンテストの結果は順位が出ますし、しっかり評価してくれるサロンだったので、優勝したときなどはとても嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
1つ上の先輩方がムカついた話です。
まだ私がアシスタント1年目でひたすら掃除をしていた時期に、仕事ができない口だけの先輩がいたんです。
その先輩から掃除チェックをされた後に、私は早番でもう上がる時間だったのに、遅番の1年目に言えばいいものを、私にここの掃除してと言ってきたんです。
ちょっとムカついたので、キレ気味に今ですか?と聞きました。
そしたら、いまやってと言われたので、思いっきり態度に出しながら、物音もガチャガチャさせながら、掃除してやりました。
理解ある先輩から、ごめんね上がってと言われましたが、無視してやり続けたら、先輩伝いで怒ってくれたらしく、あとから謝られましたが、いま思い出してもムカつく出来事です。




【相談した人・助けてくれた人】
同期が5人いたのですが、その5人がいなければとっくに辞めてたなと思うぐらい、助けてくれました。
営業後の居酒屋で、ひたすら愚痴のオンパレードでお酒がよく進みました。
共感できる相手がいることで、気持ちが楽になりました。

【改善のための行動】
先輩の機嫌を損ねないような行動をしていました。
ちょっと機嫌悪そうだなと思ったら、なるべく近づかなかったり、掃除をしっかりめにやったりしてました。
いかに早く察知できるかで決まるので上手くやり過ごしていました。




【現在の状況と心境の変化】
それから5年くらい経ちましたが、以前のサロンは4年目で辞めて別のサロンに就職したので、呪縛からは解放されて良かったのですが、掃除をしすぎて、キレイ好きになってしまいました。
家はもちろん、いまのサロンの掃除も行き届いてないところを見つけると、すごくキレイにしたくなります。
これは前のサロンの呪いだと思っています。

【学んだこと】
社会人に成り立ての1?2年目をヨシヨシされて育ってこなかったので、どちらかというと揉まれて育ったので、忍耐力がつきました。



【当時の自分へのアドバイス】
まず、就職活動を先生に勧められたからではなく、じぶんが行きたいと思うところを、しっかり探しなさい。
就職してから分かることもあるけど、ますが調べて、実際に言って、働いてる人の口から情報を得るのが大事です。
というか、美容師をやるかどうかも少し考えたほうがいいかもしれないね。
なぜなら、いま美容師を辞めようか考えてるから