憧れていた表参道での美容師。思っていたより華やかなではなく寧ろ不満だらけだった

憧れていた表参道での美容師。思っていたより華やかなではなく寧ろ不満だらけだった

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
美容師

【当時の住まい】
1人暮らし。
家賃63000円のアパートでした。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
就職活動をしているときに専門学校の先輩が働いていた為、紹介して頂きました。
当時は表参道や原宿で美容師をすることに憧れていたので立地的にも良く面接をお願いじした。

【環境と仕事内容】
新卒で入社したお店は1階2階の2フロア営業でスタッフ13名ほどのお店でした。
表参道の落ち着いた雰囲気のお店だったので30代、40代のお客様がメインでした。
2年目の半ばまではアシスタント、その後はスタイリストデビューしました。
アシスタントは掃除、シャンプー、試験を受けてカラーやパーマなど順番にヘルプで入らせてもらえる流れでした。
スタイリストになるお客様を自分で最初から最後まで担当させてもらえるようになりました。
勤務時間は9時から22時でその後はレッスンでした。
手取り15万ほどでした。

【大変だった時期】
就職してから3年目までが特に大変だった。




【大変だったこと】
お店の集客力が弱く、当時はSNSもそこまで無かった為、暇な時間はお客様を外で自分で捕まえてこいという感じでした。
集客サイトにお金をかけることが嫌いなオーナーだったのでスタイリストになってからずっとそんな感じでした。
内心お店側がもっとどうにか集客してほしいと思っていたのでどんどん不満になっていきました。
スタイリストになった以上は日々売り上げのことを店長やオーナーから指摘されるので休みの日もお客様を捕まえに原宿で声をかけていました。
それで1日終わってしまうこともざらにありました。
お金も時間もないのでその時期が1番大変だったと思います。
20代前半だったので、友達と遊んだり飲みに行ったりしたかったですがそれも中々できずにストレスでした。

【大変だった期間】
3年目ほど続きました。




【当時の心境】
不満はありながらも同期のスタッフとは仲も良く、切磋琢磨しながら日々を過ごせていたので仕事に行くことは嫌ではありませんでしたが、このお店でずっと働いているとお客様がつけられないのではないかという不安が常にありました。

【職場が大変だった原因】
会社の経営方針、オーナー幹部が年輩の方しかいなかったので若いスタッフの意見が通らなかったことが原因だと思います。




【仕事で良かったこと】
同期と夜中まで練習した後に一緒に飲みに行ったりご飯を食べに行ったりしたことが良い思い出です。
お客様にシャンプー気持ちいねと言われたりしたときが1番嬉しかったです。
技術1つ1つ試験があるのでそれを合格できたときはとても達成感がありました。




【特にひどかった最悪の出来事】
3年程経ち、集客力のあるお店に転職しようと思い勇気を振り絞って店長に伝えたのですが、もっと頑張ってからそれ言えよと言われてしまいました。
悔しさと不満がこみあげました。
そこから中々辞めさせてもらえずに半年程経過してしまいました。
定期的に店長に辞めさせて下さいと伝えていましたがご飯に連れて行かれて説得されてなんだかんだで辞めさせてもらえずというのが繰り返されました。
だんだんとモチベーションが下がってきてしまい、仕事に行かなければいいんだと思い、ある日無断欠勤をしてしまいました。
その後は話がスムーズに進みその2週間後位にようやく退社できました。
僕の中では1年弱ぐらい辞めることを引き伸ばされた感覚でした。




【相談した人・助けてくれた人】
相談も愚痴もまずは同期のスタッフと話し合っていました。
あとは可愛がってくれる先輩が3人ほどいたので僕ら新人の不満を察してくれて代わりに店長やオーナーに伝えてくれたりしました。
同期、良い先輩がいたから続けられたと思います。

【改善のための行動】
店長や先輩、オーナーに認められないと怒られてばかりの日々だったので毎日必死に練習をして技術的に認めてもらおうとがんばりました。
あとは金銭的にも苦しかったので仕事後と休みの日はアルバイトをしていました。




【現在の状況と心境の変化】
そのお店を辞めてからは違うお店にうつりました。
集客力もあり沢山のお客様がついてくれました。
2年で副店長になれて、その1年後には店長を任されました。
美容師ってすごく楽しいと思えましたし、もっと早くお店を変えれば良かったなと思いました。
ですが技術や接客、社会人としてのマナーは新卒で入ったお店に教えてもらったのでそれは感謝しています。

【学んだこと】
今は店長をしているので人【スタッフ】を動かす大変さやどう伝えたら嫌な気持ちにさせないかなど考えて働いています。



【当時の自分へのアドバイス】
そのお店を辞めてからは違うお店にうつりました。
集客力もあり沢山のお客様がついてくれました。
2年で副店長になれて、その1年後には店長を任されました。
美容師ってすごく楽しいと思えましたし、もっと早くお店を変えれば良かったなと思いました。
ですが技術や接客、社会人としてのマナーは新卒で入ったお店に教えてもらったのでそれは感謝しています。