【美容師】成人式の悲劇。担当したお客様の荷物を紛失?!荷物は一体どこに、、?

【美容師】成人式の悲劇。担当したお客様の荷物を紛失?!荷物は一体どこに、、?

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
美容師スタイリストに昇格時

【当時の住まい】
実家の一軒家で親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
元々身内に美容師がいて小さい頃から興味があった。
高校生になってもその気持ちは変わらず、美容系の専門学校に進学。
職場は地元で1番大きい会社で、自宅からも通えるため選んだ。

【環境と仕事内容】
お客様のカウンセリング?施術、ヘッドスパ、ネイル、ヘアセット等、商品の接客等
オーガニック製品を取り扱うサロンでセット面は20、ヘッドスパの個室、ネイルブース、まつ毛エクステブースも完備
スタッフは30人ほど
自分は若手?中堅にあたるスタイリスト
お客様は高校生?マダムが多かった
月8日休み、9時朝礼21時終礼、その後練習
給与手取りで18万円程
寮はなかった

【大変だった時期】
スタイリストになって3?4年目の時だった。
ちょうど中堅になってきたあたり。




【大変だったこと】
女性スタッフが多かったため、男性スタッフは居心地が悪そうだった。
また上下関係が厳しく、先輩に対する言葉遣いや態度はかなり気を遣った。
休日もスタッフと遊ぶことも多く、ほぼ毎日顔を合わせることも。
休みは少ない割に給料が少ない。
それに加えて仕事着はすぐ汚れるので洋服にはかなりお金がかかった。
休みの日に予約が入ることもあったので、休日出勤は当たり前。
腰痛など体の疲労もあったが、アシスタント時代は手荒れがかなり辛かった。
病院にかかったことも数回あった。
2社勤めた経験があるが、残業は会社による。
最初の会社は日付を超えるギリギリまで練習させられたが、次の会社は閉店したら掃除をしてすぐに帰宅できた。
ただどちらの会社でも売上はかなりシビア。

【大変だった期間】
3年ほど。
結婚のため一度退職したが、なんだかんだ続けている。




【当時の心境】
疲労が取れないまま会社に向かうので、体力的にも精神的にも辛かった。
早く辞めたいと毎日愚痴をこぼしていた。
それでも頑張れたのは、やはりお客様のおかげ。
沢山の出会いがあって、お客様には本当に恵まれたと思う。
指名をいただけるだけで毎日嬉しかった。

【職場が大変だった原因】
ブラック企業だった。
サービス残業は当たり前。
練習のための道具も経費で落ちることはないので、常にお金がなかった。




【仕事で良かったこと】
コンテストに入賞した時はとっても嬉しかった。
自分の美容の感覚が間違ってないんだなと分かるし、とても良い経験ができたと思う。
サロンワークでは、自分を指名して来てくれるお客様に会える楽しみもあった。
悩みを解決できて喜んでもらえた時はやりがいを感じた。




【特にひどかった最悪の出来事】
成人式の当日。
担当していたお客様の持ち物が着付け中に紛失。
娘が忘れ物をしたみたい、と親御さんが店に来たが見つからず。
探しておきますと伝えたが店内には見つからず、娘さんにもう一度ないか確認してほしいと伝え一度帰宅してもらった。
やはり無いと言われたので、調べるため他のお客様に一件一件電話した。
(その日の予約は100件近く)
成人式ですぐに確認できない方が多く、数日見つからなかった。
その後無事に発見されたが、紛失されたお客様に菓子折りを持って謝りに行った。
そのお客様も親御さんも、せっかくの晴れの日に大事な持ち物を無くされかなり怒っていた。
とても迷惑をかけたし、なにより私自身気が休まらなかった。
成人式の日になると毎年思い出す。




【相談した人・助けてくれた人】
相談したのは着付けに携わったスタッフ、店長、副店長。
当時はトラブルの経験がなかったため、自分1人ではどうにもできなかった。
一緒にご自宅まで謝りに行ってくれた。
また再発がないよう店のスタッフとも対策をした。

【改善のための行動】
着付けやヘアセットの際に、スムーズな進行にするためお客様の持ち物や服をスタッフが袋にしまっていたが、少し手間だが全部お客様自身でやってもらう、運んでもらうことにした。
その後は成人式で紛失等なくなった。




【現在の状況と心境の変化】
5年程経った。
お客様とのトラブルは神経を使うし、何より精神的にすごくダメージがかかる。
成人式の日は何年経っても思い出すしトラウマだ。
それ以外にも日々の施術でのクレームなど、小さなストレスが毎日のようにあり辛くなったので一度辞めた。
結婚したが夫が転勤のある仕事のため、結局美容業をしている。
他の仕事にも興味はある。

【学んだこと】
何かトラブルがあったら、責任者にまずは相談。
自分だけで解決しようとしない。
隠そうとしない。
素直に事実を話すことが大事。



【当時の自分へのアドバイス】
美容師は常に時間に追われているが、一つ気を緩めると危険。
自分にとっては1日何十人と携わる施術でも、お客様からしたら何ヶ月に一度の息抜きだったりする。
お客様の時間とお金が発生してる以上、丁寧に接しないといけないが、それを許してくれる職場であることも大事だと思う。
単価が安いと数をこなす職場もあるが、自分にはどんな環境が合っているかしっかり考えた方がいい。